【BMT会議室】コロナ対策としての会議室利用【分散型オフィスの提案】

新型コロナの感染拡大に伴い、弊社では会議室をオフィス用途としてご提供させて頂きます。
新型コロナに関するオフィスの働き方対策は長期的なものになります。
地震等の災害と異なり、継続的な対策をしなければなりません。

国の「新型コロナウイルス感染症対策本部」では、感染対策としてテレワークの推進をしています。
テレワークの場所として自宅勤務やサテライトオフィスの利用があります。
そんな中で今からすぐにサテライトオフィスを借りるには時間がかかると思っている方に会議室のご提案です。

 

BMT会議室ではこんなレイアウトをご用意しました。上野御徒町会議室でのプランです。

上野サンプルレイアウト

 

 

弊社では密閉・密集・密接の3密を回避して働けるオフィス空間を提供します。
密集した空間を取り除く為、一人ひとり2メートルの間隔を開けレイアウト致します。
会場毎に異なりますが、1日からの貸出や1ヶ月単位の長期での貸出を行っています。

感染予防

 

オフィス機能を分散させる事で、集団感染のリスクを減らすことが出来ます。
また換気やビル清掃が行われ、リスクを回避してご利用頂けます。
在宅勤務がしづらい・テレワークの場所を探している方におすすめです。
会議室を利用することで情報漏えい等のセキュリティ面も安心してご利用できます。是非ご検討ください。

 

 

BMT会議室については【こちら
各会場については↓

上野御徒町会議室
日本橋茅場町会議室
博多駅南会議室

※ご予約は各会議室の予約フォームからのみ受け付けております。

Return to Top ▲Return to Top ▲